常に鼻症状があるのはとっても不快!

常に鼻症状があるのはとっても不快!

常に鼻症状があるのはとっても不快!

年中鼻にトラブルが出る慢性鼻炎は、花粉症などとは違い、結構つらい症状が続くんです。

 

私の経験した慢性鼻炎の症状はこうだ、というのをお教えしましょう。

 

私は小学生くらいの頃から慢性鼻炎になりました。

 

いつも鼻が詰まったような声がするとも言われていました。

 

その時にはあまり気にしていなかったんですが、きっとその頃から慢性鼻炎の症状があったんだと思います。

 

そして小学生の頃から鼻が詰まった感じがありましたが、この感じは大人になっても変わりませんでした。

 

常時、とまでは行きませんが、鼻の調子のいい日と良くない日があります。

 

鼻症状,鼻,慢性鼻炎,鼻水

良くない時には、鼻づまりで息苦しくなったり、鼻水が止まらなかったり、鼻の中がむず痒くなり、くしゃみが止まらなくなる、などがあって、とにかくいつも不快なんです。

 

花粉症と症状は似ているかもしれませんね。

 

鼻の調子が悪い日が続いて、耳鼻科に行ったところ慢性鼻炎だと言われました。

 

鼻の不快感によって鼻を触ってしまい鼻の内部の傷ができていることもわかりました。

 

その時には、鼻の内部に塗る傷の薬と、鼻炎症状を緩和する点鼻薬をもらいました。

 

服用していたら2,3日で症状が治まりました。

 

でも、あくまで対症療法でしたから完治をしているわけではありません。

 

でも、調子が良くない日が続くと病院でもらってきた薬や、薬局で買ってきた点鼻薬によって、症状を抑えることで対処しています。

 

慢性鼻炎の症状は、とにかく不快なので、できるだけ早めに病院に行って診てらうようにした方がいいです。

 

症状が抑えられれば、まずストレスが軽減されます。

 

それに、早目に受診すれば、鼻の内部を傷つけないようにする予防にもなります。

 

鼻症状,鼻,慢性鼻炎,鼻水

市販の点鼻薬は気軽に使えて効果も出ますから便利です。

 

私も病院に行く時間が無い時には使っていましたが、濫用すると症状を悪化させる場合もあります。

 

ですから、早目に耳鼻科に相談することをお勧めします。

慢性鼻炎の対処には市販の点鼻薬を用法用量を守って使う

私は、小さいころから常に慢性鼻炎だった44歳男性です。

 

鼻炎ではなかった時期の記憶はありません。

 

慢性鼻炎はアレルギー性鼻炎とも言われます。

 

原因は何かの物質で、それによってアレルギーを起こしているようです。

 

その原因物質を特定するには、耳鼻科で簡単な検査を受ければ判明します。

 

鼻症状,鼻,慢性鼻炎,鼻水

わたしは、ハウスダストと花粉です。

 

この原因物質は複数ある場合もあると聞いています。

 

花粉症と違って、慢性鼻炎の場合は年中鼻水と鼻づまりが続きます。

 

常に左右のどちらかか両方の鼻腔が詰まっています。

 

そのため息苦しくなり、ふと気づくと口呼吸をしているときもあります。

 

でも、わたしはそんな症状が小さいころから続いて、今に至っているんです。

 

元々いつ発症したんだろうと考えてはみたんですが、両親に聞いてみました。

 

一時的に住んでいた借家の壁面が、触れるとポロポロと細かなホコリのような粒子になるような材質だったそうで、そこに引っ越してから咳やくしゃみ、鼻水が出始めたので、きっとこれが原因なんでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ