顔の日焼け対策は、予防とアフターケア

日焼けに対しては、普段からの日焼け予防とアフターケアの美肌パックは重要。

 

紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素の沈着が起こって、シミやくすみを作り出します。

 

ですから、外出時にはUVカット効果のある化粧品を使って、肌をガードするようにしましょう。

 

紫外線が多い時期は、3月から10月の春から秋。

 

その時期には、しっかりと顔の日焼け対策とアフターケアを行い、紫外線が原因の肌ダメージを防止しましょう。

 

太陽光の紫外線には、赤くなるヒリヒリ肌にしたり、褐色の肌にしたりする作用があります。

 

そんな時に、日焼けう予防やアフターケアをサボると、シミ、しわ、くすみが起きます。

 

それは紫外線から肌を守ろうと作られたメラニン色素が沈着してしまうのが、シミ、シワ、くすみが起きる原因だからです。

 

顔の日焼け防止、美肌パックでアフターケアを徹底して、紫外線ダメージを軽減しましょう。

 

紫外線には、エネルギーが強いUV−B波とエネルギーが弱いUV−A波の2種類があります。

 

UV−A波は、皮膚の黒ずみを作ったり、褐色になったりする原因で、ガラスも通過してきます。

 

UV−B波は、肌をヒリヒリさせます。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に作られるようになり、メラニン色素が沈着してシミになります。